入会案内

中央自動車道沿線地域産業クラスター協議会規約

(名称)
第1条 本会は、中央自動車道沿線地域産業クラスター協議会(以下「協議会」という。) という。

(目的)
第2条 本協議会は、長野県岡谷・諏訪地域(以下「諏訪地域」という。)、及び山梨県甲府地域(以下「甲府地域」という。)を基軸とする中央自動車道沿線地域において、新規産業の創出に向けた各々の地域における事業を尊重しつつ、両地域を一体とした産学官の強固な連携の下で、環境調和の観点にも配慮しつつ、同地域の中堅・中小企業の製品開発力の強化と市場の拡大並びに新規創業環境の整備を図るなどを通じて、当該地域を世界有数の新規産業創造の基盤として発展させ、もって21世紀の我が国経済の健全な発展に寄与することを目的とする。

(事務局)
第3条 本協議会の事務局は、関東経済産業局の支援の下、財団法人長野県テクノ財団及び財団法人やまなし産業支援機構が、相互に連携しつつ、一体となってこれを務める。

(地域機関)
第4条 本協議会は、第2条の目的を達成するため、諏訪地域及び甲府地域に地域機関を 設置し、各々、相互に連携しつつ、当該地域の事業計画の立案・推進に当たる。

2 地域機関の事務局は次のとおりとする。

諏訪地域機関 財団法人長野県テクノ財団
甲府地域機関 財団法人やまなし産業支援機構

3 地域機関の運営に関する事項は、それぞれの地域機関ごとに定めることができる。

(連絡会議)
第5条 本協議会は、諏訪地域及び甲府地域の事業の推進に当たって、調整のための会議(以下「連絡会議」という。)を開催する。

2 連絡会議は、会員の代表者により構成し、委員総数は30名程度以内とする。
3 連絡会議の運営に関しては、協議会事務局がこれにあたる。
4 連絡会議は、協議会事務局が必要と認めたとき開催する。

(事業)
第6条 本協議会は、第2条の目的を達成するために、諏訪地域及び甲府地域において各々 次に掲げる事業を行う。

( 1 ) 製品開発に資する研究開発を促進するための諸活動
( 2 ) 産業界及び産学官における交流・連携を促進するための諸活動
( 3 ) 新規創業推進のための諸活動
( 4 ) 事業環境向上のための諸活動
( 5 ) 国及び自治体等が行う各種政策の活用に係ること
( 6 ) 前各号に掲げるものの他、本協議会の目的を達成するために必要な事業

(会員の種別等)
第7条 本協議会は、第2条の目的に賛同する一般会員、協力会員をもって構成する。
2 会員の資格は、第2条の目的を踏まえ、次のとおりとする。

一般会員
(1)原則として諏訪地域又は甲府地域内を基軸とする中央自動車道沿線地域(以下「当地域」という。)に主たる事業活動の拠点を置く製造事業者及び関連事業者
(2)当地域内に主たる事業活動の拠点を置く製造事業者及びその他製品開発関連事業者と協力関係を有する大学等の学校、公益法人及び個人
(3)当地域内の商工団体及び中小企業団体
(4)当地域内に行政区域が存在する地方公共団体(県を除く)

協力会員
一般会員以外の者

(入退会)
第8条 本協議会に会員として入会または退会しようとする者は、書面によりその意思を第3条に定める事務局に示さなければならない。

(その他)
第9条 その他本協議会の運営に関して必要な事項は、連絡会議の議決を得て、別に定める。

附則

この規約は、平成11年4月1日から施行する。
この規約は、平成14年4月1日から施行する。
この規約は、平成18年4月3日から施行する。

諏訪地域機関設置要綱

(目的)

第1条 本会議は、諏訪地域において、中央自動車道沿線地域新規産業創出推進協議会規約(以下「協議会規約」という。)第4条に基づく地域機関を設置するため、必要な事項を定めることを目的とする。

(名称)
第2条 本地域機関は、中央自動車道沿線地域新規産業創出推進協議会諏訪地域機関(以下「諏訪機関」という。)という。

(事業)
第3条 諏訪機関は、諏訪地域において協議会規約第5条に定める事業に係る具体的な計画を企画・立案し、実施する。

(構成員)
第4条 諏訪機関は、同機関に所属するすべての会員から構成される。

(会員の責務)
第5条 会員は、協議会規約第2条に定める本協議会の目的を尊重し、本協議会及び諏訪機関の実施する事業に積極的に参加するよう努めるものとする。

(会員の入退会)
第6条 本協議会に一般会員として入会または退会しようとする者は、書面によりその意思を諏訪機関事務局に示し、諏訪機関の承認を得なければならない。
2 諏訪機関は、一般会員の入会または退会があった場合は、その旨協議会規約第8条に定める連絡会議に報告する。
3 協力会員の入会及び退会は、協議会規約第3条に定める本部事務局がその事務を前2項に準じて行う。

(会員の負担)
第7条 当分の間、会費は徴収しない。ただし、本協議会及び諏訪機関が個別の事業を実施するにあたって、当該個別事業に参加する会員から、当該個別事業に係る経費の一部を徴収することができる。

(役員)
第8条 諏訪機関に、次の役員を置くことができる。
会長 1名
副会長 3名以内

(役員の職務及び任免)
第9条 前条に定める役員の職務及び任免に関する事項は、諏訪地域機関会議の承認を得て別に定める。

(地域機関会議)
第10条 諏訪機関に諏訪地域機関会議(以下「会議」という。)を置く。
2 会議は、諏訪機関を構成する会員の互選による代表○○名以内を持って構成する。
3 会議は、諏訪機関の事務局が召集、運営し、諏訪地域における円滑な事業の実施にあたって必要な事項等を協議する。
4 第2項に定める代表の互選方法その他会議の運営に関し必要な事項は、会議の承認を得て別に定める。

(地域機関事務局)
第11条 諏訪機関の事務局を財団法人長野県テクノハイランド開発機構内に置く。
2 事務局にコーディネーター及びナビゲーター若干名を置く。

(その他)
第12条 その他諏訪機関の運営に関して必要な事項は、会議の承認を得て別に定める。

附則
この要綱は、平成11年6月18日から実施する。

入会申込書の取扱
1 受付は、原則として各支部とするが、社内での検討等により時間を要する場合は、諏訪テクノレイクサイド支部へ直接Faxしてもらう。
2 諏訪テクノレイクサイド支部において、関東通産局作成の名簿に新規入会者を入力し名簿を
3 関東通産局及び他の支部へ送付する。(月1回程度の頻度)

入会ご希望の方は

お問い合わせフォームより入会希望の旨を記載の上お申込ください。

日時: 2007年3月 2日 11:59 |
rssatom
RSSを使って、サイト更新情報などを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、最新情報へすばやくアクセスしたり、電子メールと同じような感覚で閲覧することができます。

コンテンツの一部にPDFを使用しております。PDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。