「省エネ実践研究会」のご案内(開催日程変更:募集締切り5月29日(金))

 

「研究会の趣旨」

京都議定書第一約束期間(20082012)において、日本国は1990年(126000万㌧)比でCO2排出量をマイナス6%にすることを国際的に約束しています。しかしながら、2008年度の速報値では、大幅な増加(137000万㌧)が見込まれています。

諏訪圏産業界において、省エネ対策(経費削減)に取組んではいる企業の皆さん、なぜか納得できない結果に戸惑われることはありませんか?

本研究会では、「私たちにもできる省エネ」を目指し、「最小限の経費でできる省エネ具体策」を勉強・共有し、あなたの会社の“ムダをムリなく”削減する方策について研究・実施します。

  さらに生産現場で省エネ改善を推進できる、人材を育成します。

省エネ事例、省エネ計算方法、省エネ実践 等々の内容を準備したプログラムを用意しました。企業において、省エネに取組んでいる生産技術者、設備技術者の皆さん等、多くの方々の参加をお待ちしております。

 

「研究会の開催要領」

   主  催  : 長野県テクノ財団 諏訪テクノレイクサイド地域センター

     講 師 : 竹村 雅志 氏 

     開催回数: 講義形式:6回(毎月第2火曜日開催) 

                 第1回開催日 6月9日(火)

         実践形式:8回程度(1社様のみ)

       : 講義:テクノプラザおかや

        実践:1社様事業所 

     時 間 : 13:30~17:00

     対象者 : 企業の生産技術者及び設備技術者

     定 員 : 講義:20名(定員になり次第締切ります)

     会 費 : 講義:1名 5,000円

             実践:10,000円(1社様のみ)

     参加申込: 別添申込書に必要事項を記入の上、

                5月29日(金)迄にE-mailにてお申し込み下さい

      

詳しくは、 「省エネ実践研究会」会員募集のご案内 をご覧ください。

日時: 2009年4月15日 15:07 |
rssatom
RSSを使って、サイト更新情報などを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、最新情報へすばやくアクセスしたり、電子メールと同じような感覚で閲覧することができます。

コンテンツの一部にPDFを使用しております。PDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。